English


2016年度研究大会案内 15th Annual Conference







開催日 2016年10月29日(土)
場 所 京都府立大学(京都府)


※大会プログラムは決定次第、掲載いたします。

非会員の大会参加について
非会員の大会参加は事前申込制となっております。非会員の参加費は1000円です。 大会参加希望者は、氏名・所属を明記のうえ、メールを10月26日までに学会事務局までお送りください。事務局のメールアドレスは、mail(at)janes.gr.jp((at)を@に変えてお送りください)です。

※この時期の京都は大変混み合い、ホテルの予約が難しくなることが予想されます。 参加を予定される皆様は早めに宿泊の手配をされることをおすすめいたします。






【過去の研究大会について】

2015年度(第14回)研究大会報告
開催日  2015年10月24日(土)
場  所  愛知東邦大学

10:00~12:30 【共通論題】 スウェーデン企業の特質と成果 L棟4F LCホール
  司会 猿田 正機(中京大学)
  1.「スウェーデンの欧州単一市場への統合と経済制度の変化」丸山 佐和子(神戸大学)
  2.「スウェーデン企業のコーポレート・ガバナンスと労使関係」岸田 未来(摂南大学)
  3.「スウェーデン企業の生産戦略とリーン生産の広がり」田村 豊(愛知東邦大学)
  討論 小菅 竜介(立命館大学)
13:30~13:55 総会 L棟4F LCホール
14:00~15:45
  【分科会1】 経済専門分科会:デンマーク福祉国家の軌跡-財政と雇用 L棟4F LCホール

   司会 菅沼 隆(立教大学)
   1.「デンマークにおける租税抵抗と地方所得税制-1970年代初頭の「納税者の反乱」と地方政府の課税自主権に着目して-」 倉地 真太郎(慶応義塾大学)
   2.「デンマーク・積極的労働市場政策における地域雇用評議会の役割と展開」加藤 壮一郎(ロスキレ大学)
【分科会2】 文化・文学・歴史専門部会:近現代北欧文学における病の表象 B棟4F B401
   司会 田渕 宗孝(名古屋大学)
   1.「セルマー・ラーゲルレーヴにおける障碍と病-『エルサレム』と『モールバッカ』における「血と大地」中丸 禎子(東京理科大学)
   2.「カーアン・ブリクセン『冬物語』(1942)における病の表象-「ペーターとローサ」にみる物語芸術としての「死」」 田辺 欧(大阪大学)
16:00~17:45
  【分科会3】 政治専門分科会:スウェーデン政治の歴史をひもとく L棟4F LCホール

   司会 渡辺 博明(龍谷大学)
   1.「20世紀初頭のスウェーデンにおける「体制内政党」と「反体制政党」の分岐」安武 裕和(名古屋大学)
   2.「P.A.ハンソンと「国民の家」」木下 淑恵(東北学院大学)
   3.「スウェーデンと国際的連帯:パルメのイニシアティブ」清水 由賀(早稲田大学)
   討論 小川 有美(立教大学)
  【自由論題】 B棟4F B401
   司会 阿部 望(明治学院大学)
   1.「スウェーデンの医療ケアに対する待ち時間問題」深見 佳代 (京都大学)
2.「フィンランドにおける2010年の国庫支出金改革とその後の国家支出金の動向(2010-2015)-水平的財政調整の変化を中心に-」横山 純一(北海学園大学)
  
18:00~20:00 懇親会 S棟食堂


2014年度(第13回)研究大会報告
開催日  2014年11月8日(土)
場  所  立教大学池袋キャンパス 11号館/マキムホール
協  賛  立教大学社会福祉研究所

10:00~12:30 【共通論題】 北欧諸国における社会的包摂の現在-欧州議会選挙結果を踏まえて- A203教室
  司会・討論 益村 眞知子(九州産業大学)
  1.「スウェーデンにみる移民と社会的包摂」篠田 武司(立命館大学)
  2.「バック・トゥ・ザ・フューチャー ―北欧デモクラシーと包摂への歴史政治学的問い」小川 有美(立教大学)
  3.「スウェーデン民主党SD とEU 議会選挙、その後」岡澤 憲芙(早稲田大学)
  討論 藤田 菜々子(名古屋市立大学)・吉武 信彦(高崎経済大学)
13:30~13:55 総会 A203教室
14:00~16:00
  【分科会1】 北欧諸国における産業と労働 M301教

   司会 横山 悦生(名古屋大学)
   1.「企業レベルから見るスウェーデンの労使関係~賃金決定と整理解雇のルールを通して~」 西村 純(労働政策研究・研修機構)
   2.「労働のスウェーデン・モデルの形成と変容―スウェーデンモデルの揺るぎ―」田村 豊(愛知東邦大学)
   3.「フィンランドにおけるイノベーション政策の新たな展開」徳丸 宜穂(名古屋工業大学)
   討論 猿田 正機(中京大学)
  【分科会2】 子どもに“死”をどう語るのか―現代北欧児童文学/文化からのアプローチ M302教室
   司会・討論 福井 信子(東海大学)
   1.「スウェーデンにおける「子どもへの死の語り」―絵本が描く「死の受容」」上倉 あゆ子(東海大学)
   2.「デンマークにおける「子どもへの死の語り」—絵本をはじめとする文化表象をめぐって」 田辺 欧(大阪大学)
16:15~18:15
  【分科会3】 北欧の家族政策  M301教室

   司会 石黒 暢(大阪大学)
   1.「脱家族化から再家族化へ? デンマークの家族政策とジェンダー平等」大塚 陽子(立命館大学)
   2.「フィンランドにおける次世代育成の現在―就学前の子どもと家族を支える政策を中心に」 藪長 千乃(東洋大学)
   3.「スウェーデンにおける家族政策―育児保障を中心に―」古橋 エツ子(花園大学)
   討論 舩橋 惠子(静岡大学)
  【自由論題】 M302教室
   司会 代田 義勝(名古屋経済大学)
   1.「スカンディナヴィア主義と歴史家J. E. サーシュ -ノルウェーの左派における影響力の考察-」 大渓 太郎(早稲田大学)
   2.「「産業協約」成立以降のスウェーデンの労使関係と労使交渉」岸田 未来(摂南大学)
   3.「スウェーデンの学童保育士養成」 志濃原 亜美(秋草学園短期大学) キャンセルになりました。
18:30~20:30 懇親会 カフェテリア山小屋(ウィリアムズホール2階)

2013年度研究大会報告 12th Annual Conference



開催日Date  2013年11月16日(土) 16. Nov. 2013
場所Venue  立命館大学衣笠キャンパス 研心館 Ritsumeikan University, Kinugasa Campus
スケジュール Programme
10:00~12:15 【共通論題】北欧諸国の地域主権-高負担時代の地方デモクラシー 631教室
  Main Theme: New Dimension of Local and Regional Democracy in Nordic countries (Room 631)
  Speakers
  1. 「スウェーデンにおける新地域主義」 穴見 明(大東文化大学) Akira Anami (Daitobunka University)
  2. 「デンマーク地方制度改革とグローバル化」 菅沼 隆(立教大学) Takashi Suganuma (Rikkyo University)
  3. 「北欧における政策志向の地方デモクラシー -周辺国ノルウェーの地方政治-」 白鳥 浩(法政大学) Hiroshi Shiratori (Hosei Univ.)
  4. 「フィンランドと日本における地方制度改革の並行と分岐:自治体再編の政治過程に焦点をあてて」
     ペッカ・ケットゥネン(ユヴァスキュラ大学)・藪長千乃(東洋大学) Pekka Kettunen (Jyväskylä Univ.) and Chino Yabunaga (Toyo Univ.)
  討論 槌田 洋(日本福祉大学)、秋朝礼恵(高崎経済大学)
 Discussant: Yo Tsuchida (Nihon Fukushi Univ.), Ayae Akitomo (Takasaki Keizai Univ.)
13:30~13:55 総会 631教室 Plenary meeting
14:00~15:45  【分科会1】Session1 スウェーデンにおける移民政策の現状と社会統合~教育と就労支援を切り口として~」 631教室

   司会 渡辺博明(龍谷大学)
   1. 「スウェーデンにおける移民への就労支援と給付制度~社会統合の手段として~」 山本麻由美(北翔大学)
   2. 「スウェーデンにおける移民政策の現状と社会統合」 藤岡純一(関西福祉大学)
   3. 「スウェーデンにおける学齢期の移民に対する学校教育」 本所 恵(金沢大学)
14:00~17:00  【分科会2】Session2 スウェーデンの普遍主義と教育・雇用 632教室
   司会 横山悦生(名古屋大学)
   1. 「普遍主義が今日直面する課題と新たな意義とは何か」 訓覇法子(日本福祉大学)
   2. 「スウェーデンの保育・教育における普遍主義の採用」 大岡頼光(中京大学)
   3. 「スウェーデンにおける障害者のディーセント・ワーク:制度的枠組みの変化という視点から」 福地潮人(中部学院大学)
   4. 「スウェーデンのイノベーション政策と職業教育」 槌田 洋(日本福祉大学)
16:00~17:45 【自由論題】Open Session 631教室
   司会 廣瀬真理子(東海大学)
   1. 「1990年代前半のフィンランドにおける税制改革とその後の租税の動向」 横山純一(北海学園大学)
   2. 「スウェーデンの対内直接投資と関連政策の動向」 丸山佐和子(神戸大学)
   3. 「スウェーデンおよび日本における教育実践の現状と課題」 水倉 亮(私立高校教諭)・中里裕美(明治大学)
18:00~ 懇親会Reception  諒友館


2012年度研究大会報告 11th Annual Conference
2012年北ヨーロッパ学会第11回研究大会は、2012年11月10日(土曜日)に明治学院大学白金キャンパス(東京都港区)で開催されました。
【共通論題】「幸福の尺度と条件」(ワークショップ)
 話題提供 泉川玲香(イケア・ジャパン/人事本部長)
 ファシリテーター 川崎一彦(東海大学)
【分科会1】テーマ「北欧における新右翼政党の台頭と移民問題」 司会 吉武信彦(高崎経済大学)
  報告1 「移民政策は単なる手段?―政権入りを目前としたノルウェーの新右翼政党の戦略」岩崎昌子(一橋大学・院)
  報告2 「スウェーデン民主党の躍進と福祉国家―スウェーデン・モデルをめぐる新機軸」清水 謙(東京大学・院)
  報告3 「北欧諸国の新右翼政党に関する比較考察―福祉排外主義と政党政治を中心に」渡辺博明(大阪府立大学)
【分科会2】テーマ「北欧諸国ではなぜ財政の健全化が保たれているのか?」 司会 上掛利博(京都府立大学)
  報告1 「なぜスウェーデンは財政黒字に転換できたのか」伊藤正純(桃山学院大学)
  報告2 「北欧諸国ではなぜ財政の健全化が保たれているのか?フィンランドについて」横山純一(北海学園大学)
【自由論題A】 司会 中原准一(酪農学園大学)
  報告1 「L.K.ドーにおけるノルウェー・ネイション論とスカンディナヴィア主義」大渓太郎(早稲田大学・院)
  報告2 「越境する人魚―ハンス・クリスチャン・アンデルセン『人魚姫』と『アウネーテと人魚』」中丸禎子(東京理科大学)
【自由論題B】 司会 渡辺博明(大阪府立大学)
  報告1 「スウェーデンにおける2011年学校改革後の就学前教育について」大野 歩(広島大学)
  報告2 「日本とスウェーデンの高齢者介護比較研究―ボトムアップ視点からの検討」
                              石黒暢(大阪大学)、斉藤弥生(大阪大学)、吉岡洋子(頌栄短期大学)
 会場 明治学院大学白金校舎2号館
 9:30 受付開始
 10:00-12:00 分科会1(2201教室)、分科会2(2202教室)
 12:00-13:00 理事会
 13:00-13:30 総会(2301教室)
 13:30-15:30 共通論題(2201教室)
 15:45-17:45 自由論題A(2201教室)、自由論題B(2202教室)
 18:00-20:00 懇親会(本館10階大会議場)


第10回研究大会(2011年度)2011年10月22日(土曜日)酪農学園大学(北海道江別市)

【共通論題】「北欧の危機管理」(Main theme: Crisis management in Nordic countries)
基調報告 ヨハンナ・コトカヤルヴィ(在日本フィンランド大使館公使参事官)
       (Keynote lecture: Johanna Kotkajärvi, Embassy of Finland)

【専門分科会1】
「北海道と北欧の交流」
            Theme session1: Exchange and cooperation between Hokkaido and Nordic countries
報告1「北海道における北欧との交流及び大学生力を活用した教育プロジェクトの実践研究報告」川崎一彦(東海大学)
報告2「北海道におけるデンマーク農業導入事業‐1920年代の北海道製酪販売組合連合会成立」
                                                         中原准一(酪農学園大学)
【自由論題A Session A】
報告1「フィンランドの過疎・農村地帯‐農村政策と住民参加による農村の維持と生活保障」田中里美(広島国際学院大学)
報告2「スウェーデンにおける家族政策の展開と福祉国家」浅井亜希(立教大学・院)

【専門分科会2】「北欧の企業組織」Theme session2: Corporate structures in Nordic countries
報告1「スウェーデン企業の生産職場の分業と管理構造」田村豊(愛知東邦大学)
報告2「スウェーデン企業の統治構造と企業経営」岸田未来(摂南大学)

【自由論題B Session B】
報告1「『集団主義の日本』と『個人主義のスウェーデン』の再検討‐心理尺度を用いた比較調査を通じて」
                                                            大塚明子(文教大学)
報告2「スウェーデンにおける学力評価の歴史的展開と現状‐ナショナル・テストのジレンマと可能性」
                                             遠藤(本所)恵(日本学術振興会特別研究員)



●第9回研究大会(2010年度)2010年11月27日(土)名古屋大学教育学部(東山キャンパス)

【共通論題】 テーマ:北欧社会の思想的・経済的基盤の探求 司会: 篠田武司会員(立命館大学)、横山悦生会員(名古屋大学)
「民間慈善の組織化と社会問題-20世紀初頭スウェーデンにおける福祉社会の可能性-」石原俊時氏(東京大学)
「岐路に立つ「柔軟保障」-デンマークの場合-」小池直人氏(名古屋大学)
討論:大岡頼光会員(中京大学)、村井誠人会員(早稲田大学)

【専門分科会1】 テーマ:北欧における福祉国家の形成 司会:小川有美会員(立教大学)
「1930年代スウェーデンの人口問題とミュルダール」藤田菜々子氏(名古屋市立大学)
「ノルウェーの公的老齢年金改革-健康な高齢者に長く働いてもらうことで制度を可能に-」山梨和美会員(外務省)

【専門分科会2】 テーマ:北ヨーロッパ研究とテクスト-方法論の議論にむけて-司会:田渕宗孝会員(名古屋大学大学文書資料室非常勤職員)
「イェリング王朝のルーン石碑 ゴーム老王からクヌート王まで」小澤実氏(名古屋大学大学院文学研究科グローバルCOE研究員)
“Research Method in Education based on Critical Constructive Didactic” Bjørn Aakre氏(Telemark University College( =Højskolen i Telemark))

【論題1:財政】 司会:猿田正機会員(中京大学)
「フィンランドにおける2010年の国庫支出金改革と自治体財政の状況」横山純一会員(北海学園大学)
「労働コストからみたスウェーデンと日本の違い-OECD, Taxing Wagesを中心に-」伊藤正純会員(桃山学院大学)

【論題2:教育】 司会: 二文字理明会員(大阪教育大学)
「スウェーデンの就学前教育に関する研究」大野歩会員(広島大学大学院)
「19世紀のフィンランドにおけるフレーベルの思想の導入-ウノ・シグネウスの幼稚園を中心に-」伊藤喬治会員(名古屋大学大学院)

【論題3:歴史】 司会:大渓太郎氏(早稲田大学大学院)
「政治家としてのグロントヴィ主義者-19世紀末のアスコウ・フォルケホイスコーレに集った北欧の政治家たち-」田渕宗孝会員(名古屋大学大学文書資料室非常勤職員)
「19世紀スウェーデンの村落民党における選挙権改革問題-普通選挙制と平等選挙制-」安武裕和会員(名古屋大学大学院)

  

●第8回研究大会(2009年度)2009年11月28日(土)大阪大学吹田キャンパス

【共通論題】 テーマ:21世紀型福祉社会の構想-日本と北欧社会を分析軸にして 司会:穴見 明会員(大東文化大学)
「ダイバーシティ・ウエルフェア・マネジメント」岡沢憲芙会員(早稲田大学)
「政権交代と日本の生活保障 北欧モデルの活かし方」宮本太郎会員(北海道大学)
「日本の福祉システムは背中を向けて“北欧型システム”に近づいている!?」堤 修三氏(大阪大学)
討論:三上芙美子会員(東京国際大学)

【専門分科会1】 テーマ:北欧の文学と文化 司会:田辺 欧会員(大阪大学)
「近代家父長制と恋愛結婚イデオロギー:イプセンの「棟梁ソールネス」と漱石の「こころ」」安倍オースタッド玲子氏(オスロ大学)
「日本におけるセルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlöf, 1858-1940)および北欧文学の受容」中丸禎子会員(東京理科大学)
「ルイジアナ近代美術館(デンマーク)のビジョンと50年の歩み」木下 綾会員(早稲田大学・院)

【専門分科会2】 テーマ:北欧社会と教育 司会:横山悦生会員(名古屋大学)
「スウェーデンの義務教育における「共生(samlevnad)」のカリキュラム」戸野塚厚子氏(宮城学院女子大学)
「スウェーデンの幼稚園における環境教育の現状と課題」浅野由子会員(日本女子大学)
「スウェーデンの総合制高等学校におけるカリキュラム編成:共通性と専門性の関連に焦点をあてて」本所 恵会員(京都大学・院) 
コメンテーター:二文字理明会員(大阪教育大学)

【専門分科会3】 テーマ:北欧社会とワーク・ライフ・バランス 司会:猿田正機会員(中京大学)
「スウェーデンにおけるワーク・ライフ・バランスについて―現地調査からの報告」中里裕美会員(立命館大学・院)、篠田武司会員(立命館大学)
「オランダの「ワーク・ライフ・バランス」政策の動向」廣瀬真理子会員(東海大学)
「デンマークにおける保育施設と家庭の役割」石黒 暢会員(大阪大学)
コメンテーター:鈴木賢志会員(明治大学)


【自由論題1】司会:菅沼 隆会員(立教大学)
「19世紀後半におけるノルウェーの近代化とグロントヴィ主義」田渕宗孝会員(名古屋大学)
「宗教と福祉国家─スウェーデン高校生調査を題材に」大岡頼光会員(中京大学)
「村の共有地は誰のもの?:自然享受権再考」古川まゆみ会員(京都文教大学)
「スウェーデン企業の統治構造と「コーポレート・ガバナンス」」岸田未来会員(鹿児島県立短期大学)

【自由論題2】司会:渡辺博明会員(大阪府立大学)
「スウェーデン高齢者ケアの民営化の課題について-会計検査委員報告書を中心に-」渡辺まどか会員(北海学園大学・院)
「ノルウェー・オスロ市におけるいじめ対策と学校仲裁所制度に関する一考察」藤岡 登会員(北翔大学)
「ノルウェーにおける平和学と修復的司法の取り組み」矢部千尋会員(トロムソ大学・院)
「スウェーデンの子どもケア政策~1991年の「柔軟な就学制度」施行を中心として~」大野 歩会員(広島大学・院)


●第7回研究大会(2008年度)2008年12月6日(土)早稲田大学国際会議場3階

【共通論題】 テーマ:格差是正の比較政治学:北欧諸国の対応 司会:西村万里子会員、岡澤憲芙会員
総論 「格差是正の比較政治学」宮本太郎会員
「ホームヘルプサービスの変容についての一考察」斉藤弥生会員
「フィンランドにおける格差社会の進行:地域間格差に焦点をあてて」藪長千乃会員
「「平等のオスロ」、「貧困のオスロ」、それとも「多様性のオスロ」?-ノルウェー福祉国家と格差社会-」小川有美会員
「浸食される平等社会? デンマーク」菅沼 隆会員
討論:穴見明会員、福島淑彦会員、他

【専門分科会】 テーマ:北欧の文化・歴史
「19世紀末デンマークにおける黒衣の女性をめぐって」田邉 欧会員
「ノルウェーの「スカンディナヴィア協会」-第2次スリースヴィ戦争後のスカンディナヴィア主義の可能性と限界-」大溪太郎氏
「「フロンティア」のグリーンランド-北極利権をめぐる闘争の中で-」高橋美野梨氏

【自由論題1】
「循環型社会形成とBRG-スウェーデン・ヨーテボリの野心的プロジェクト-」中原准一会員
「政治的信頼感の規定要因-スウェーデンと日本の比較分析」鈴木賢志会員
「フィンランドの中立政策とEU加盟1970年代から2000年代までの北欧とソ連・ロシアとの関係をめぐって」佐々木優理会員

【自由論題2
「スウェーデンにおける家族介護者への公的支援」藤岡純一会員
「スウェーデン「メイド論争」をめぐって-ケアワーク/アンペイドワーク/雇用労働のスウェーデン平等モデルとその意味」榊原裕美会員
「スウェーデンの特別ニーズ教育の理念と実際」是永かな子会員)

【スタートアップ研究会<旧若手研>
「ノルウェーの移民をめぐる「平等」論争―新右翼政党が問いかけた「社会的連帯」」岩崎昌子会員、コメント:小川有美会員
「条約にもとづく滞在の自由と入国管理-スバールバル条約による滞在権を題材として-」大西広之会員、コメント:池上佳助会員


●第6回研究大会(2007年度)2007年10月20日(土)北海道東海大学札幌キャンパス

【共通論題】「北欧におけるジェンダーと家族政策」
 「スウェーデンの家族政策とジェンダー平等-育児をめぐる父親の実態と葛藤-」松田智子会員(佛教大学)
 「家族政策とジェンダー-スウェーデンとフランスの比較から-」船橋恵子会員(静岡大学)
 「ノルウェーのクォータ制」三井マリ子氏(女性政策研究家)
討論者:加藤喜久子会員(北海道情報大学)

【自由研究発表】
<分科会1>「EUと北欧」
「スウェーデンの対EU政策」五月女律子会員(北九州大学)
「EU結束政策と北欧の越境地域ガバナンス」長岡延孝会員(同志社大学)
討論者:阿部 望会員(明治学院大学)

<分科会2>「北欧の文学と日本の文学」 司会:菅沼 隆会員(立教大学)
「スウェーデンにおける俳句受容」児玉千晶会員(翻訳家)
「デンマークにおいてデンマーク語とドイツ語の関係はどのように変化したか?」福井信子会員(東海大学)

【開催校企画】「北ヨーロッパとの交流を目指す教育-北海道東海大学の挑戦-」

【自由研究発表】
 「トゥルクロマン主義とフィンランドナショナリズムについて」坂上 宏会員(九州情報大学)
 「スウェーデンの年金改革から引き出せるもう一つの示唆」山本麻由美会員(北翔大学)

 

●2006年度大会  2006年11月25日(土) 立命館大学

【共通論題】「北欧の経済社会の変化と労働市場-スウェーデンを中心として-」 司会:横山悦生会員(名古屋大学)、猿田正機会員(中京大学)
「21世紀型スウェーデンの積極的労働市場政策-労働市場環境の変化にともなう新展開-」永山泰彦会員(東海大学)
“Supplementary Compensations in the Swedish Welfare State”Eskil Wadensjo氏 (Stockholm University)
“Labour Market and Immigration Policy”Carl le Grand氏 (Stockholm University)

自由研究発表】
<分科会1> 司会:斉藤弥生会員(大阪大学)
「スウェーデン環境党の政治戦略と『ブロック政治』の新展開」渡辺博明会員(大阪府立大学)
「スウェーデン過疎地域における地域活性化の取り組み」大田美帆会員(大阪大学・院)

<分科会2> 司会:穴見 明会員(大東文化大学)
「デンマークの生活・居住ユニットケアに関する研究」石黒 暢会員(大阪外国語大学)
「ノーベル賞作家ハリー・マッティンソンと叙事詩『アニアーラ』」児玉千晶会員(翻訳家)

 

●2005年度大会 2005年11月20日(日) 玉川大学

【共通論題1】 「北欧社会をどうとらえるか」  

「中世史研究の立場から」熊野 聡氏(豊田工業大学、名古屋大学名誉教授)
「近代史研究の立場から」 司会 横山悦生会員(名古屋大学)
  

【共通論題2】 「北欧における教育改革の動向」

「フィンランドにおける教育改革の現状について」渡邉あや会員(日本学術振興会特別研究員)
「職業教育を重視するスウェーデンの教育理念」 司会 二文字理明会員(大阪教育大学)

自由研究発表】
<分科会1>司会:猿田正機会員(中京大学経営学部)
「スウェーデンにおける医療政策について」松田亮三会員(立命館大学産業社会学部)
「フィンランドにおける近親者介護手当の導入とその後の動向-福祉サービス供給構造の変容-」藪長千乃会員(文京学院大学)

<分科会2>司会:穴見 明会員
「デンマーク公共図書館の制度・組織の発展に関する研究」坂本 俊会員(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科大学院生)
「スウェーデンの広域自治体改革」 槌田 洋会員(日本福祉大学)

●2004年度大会 2004年 11月29 日(土) 中京大学名古屋キャンパス

【共通論題】 「北ヨーロッパにおける福祉と経済」

(基調報告) 藤井 威氏(みずほコーポレート銀行顧問 元日本国スウェーデン大使)
(討論) 斉藤弥生会員(大阪大学)
(討論) 宮本太郎会員(北海道大学)
(司会)丸尾直美会員(尚美学園大学)


【第一分科会】 「北ヨーロッパの政党政治」
(報告) 吉武信彦会員(高崎経済大学) 「EUとデンマークの政党政治」
(報告)渡辺博明会員(大阪府立大学) 「スウェーデンにおける政党システムの変容:ポスト産業化とグローバル化の中で」
(司会)岡沢憲芙会員(早稲田大学)


【第二分科会】 「スウェーデン労働市場の変容」
(報告)北 明美会員(福井県立大学)「スウェーデンにおける男女雇用均等について」
(報告)福地潮人会員(立命館大学)「スウェーデンにおける障害者雇用について」
(討論)猿田正機会員(中京大学)
(司会)篠田武司会員(立命館大学)

 

●2003年度大会 2003年11月22日(土)  東海大学湘南校舎

【共通論題】「学び続ける社会 北ヨーロッパにおける福祉・教育・経済の連携」
(報告)神野直彦会員(東京大学)
(報告)川崎一彦会員(北海道東海大学)
(討論)豊田良則会員(岐阜県新産業労働局)
(司会)宮本太郎会員(北海道大学)

【第一分科会】 「北欧地方分権体制の変容」
(報告)穴見 明会員(大東文化大学) 「スウェーデンの再集権化」
(報告)小川有美会員(立教大学)   「新しいあるいは古い北欧モデル?~環境ガヴァナンスを通して」
(討論)伊藤和良会員(川崎市総合企画局政策部)
(司会)岡沢憲芙会員(早稲田大学)

【第二分科会】 「スウェーデン経済のダイナミクスと日本」
(報告)丸尾直美会員(尚美学園大学) 「資産金融型不況とスウェーデンの不況対策からの教訓」
(報告)永山泰彦会員(東海大学)   「スウェーデン経済は持続可能な成長モデルか?」
(討論)益村真知子会員(九州産業大学)
(司会)駒村康平会員(東洋大学)

【第三分科会「北欧高齢者福祉の新展開」
(報告)井上誠一会員(厚生省・元スウェーデン大使館一等書記官)「スウェーデンの高齢者福祉政策の課題と展望」
(報告)石井 敏会員(東北工業大学) 「フィンランドの高齢者住宅と福祉政策の課題–建築の視点から-」
(司会)城戸喜子会員(田園調布学園大学)

 

●北ヨーロッパ学会設立総会 2002年11月16日(土) 東京FM内大会議室

【設立総会】 理事選出と承認
来賓挨拶 ノルウェー大使 Odd Fosseidbraten 氏
議事進行 宮本太郎会員 (北海道大学)

【記念講演】 「21世紀の日本と北ヨーロッパ」
エスキル・バーデンショー氏 (ストックホルム大学教授)

【パネルディスカッション】「今なぜ北ヨーロッパ研究か?」
コーディネーター: 岡沢憲芙会員(早稲田大学教授)
パネリスト: 前田正子氏(ライフデザイン研究所主任研究員)
        藤原禎一会員(厚生労働省労健局企画官)
        長坂寿久会員(拓殖大学教授)